予め相手側が爺さんの人間の場合は

葬式を行なう際に、香典返しをどういうものにすべきかで弱るかと思います。世帯の大黒柱(一家を養ってある父親や夫人など)が亡くなり、お子さんらだけが残され、金銭面で窮屈例などかと思います。確かにそのような状況であれば、香典を与えた横からしても、「返して貰うなんてスゴイ」という気持ちになる人が多いでしょう。遺族横は、葬式前は取り計らいなどが多すぎてバタバタだ。そうして葬式直後も長々やることが残っていますし、故人が亡くなった真実を頑として認めることになり悲しみがやってきます。このときに、香典返しをするときのエチケットなどを注意して与えるのがなんだか苦しいものとなります。香典返しに一覧を差上げる魅力としては、遺族横が力作を選ぶ苦労が除けるというところでしょう。報復始める頭数が多ければ多いほど大変です。香典返しを読み取る横の人間の「生活に足りていない品物、もしくは必要としている品物」は思い付かものです。割り切れるかどうかは、目標の年や思い、ないしはいる範囲にて変わってきます。予め相手側が爺さんの人間の場合は、昔から定番の力作、または一覧などのほうが確かかもしれません。