一口寸法に千切ったウインナー

サンドイッチはともかくとして、店開きサンドにすると途端に上に乗ってるものがぐっすり落っこちて困る。
単にウインナーが、各回、それは今やお保証のごとく転がってシャツを汚す。

お徳用のウインナーを使うんだけど、これを大勢一本分三つに千切ってフライパンに放り込ん出るんだよ。
一口寸法として、それを四媒体食い分炒めるの。
そこに卵を割り入れて目玉焼きにしたり、卵液を流し込んでオムレツにしたりする。

焼き上がった物を食パンに乗っけて、興奮でケチャップだったりマヨネーズだったりデミグラス根幹をかけて出来上がり。
好みでブラックペッパーをふっても嬉しい。

それで食べ進めていると、一口寸法に千切ったウインナーの欠片がどうしても仲間サーッって落ちていくんだよ。
しかもマヨやケチャップの思いっ切りついたポイントが。
何とか乗っけただけだと安定が悪いな。
サンドイッチ状態ならあんな用具が落ちるなんて件無いのに。

それでもサンドイッチにするまでが面倒なんだよね。
マイホームで使ってる食パンは6枚切りなんだけど、でも適切厚みがあって2枚使うと取るのに苦労する。
なので、サンドイッチにする時は一枚のパンを半にスライスして仕掛けるんだけど、その運転が地味に煩わしい。
ですから店開きサンドに落ち着いたんだけど、乗っけたアイテムの一部がきっちり垂れ下がるというオモシロジンクスが付いててはたして困ったもんだ。