パフォーマンスなんて

都知事選挙も隙間1ウィークというところまできた。
前知事の不祥事による退社を受けての今回の選挙。
但し、いつもの選挙と同じように、色んな苦悩が破裂した選択者も。
まさしく、ブーム受け取り選挙の格好を呈したと言えるという。
施策で、知事を選ぶときの判断基準にしたいと、考えてる都民は多い筈。
但し、スゴイ何をどうして狙うというものが思えづらかったように感じます。
常に、アクセスの引っ張り合いの遊説が目立ったように思いました。
空き前向きな感じは、受けなかったというのが秘密姿勢だ。
日本の首都をだれに託すのか?都民の持つ1票はかなりの重さなんだと思います。
投票百分率が安い日本の選挙。
何でこんなにも低いのか?
どこかで政治というものを信用していないのかもしれない。
自分の1票では何も貫くって諦めているのかもしれない。
ただし、そういった感覚が一番過ちが恐ろしいという。
一体全体貫くのか?本当に見たのか?自分で確かめたのか?
単に一時の選挙で、自分の思い描いたパフォーマンスなんて、いただけるわけも弱い。
当たり前のはなしだ。
但し、行動しなければ何も貫くは、確実に言えると思います。
投票に行く前に、予め各選択者の遊説は聞いておくのはいいことだとおもう。
テレビでは限られたことしか言えないのだから。
隙間1ウィーク、どんな結果が迎えるのでしょうか
自己破産 弁護士 福岡市